LotosLabo

プログラミング技術とか気になった情報を載せていきます

とあるゲーム会社に一ヶ月間インターンに行ってきた話 最終話



四週目(最後の週)

 最後の週は今まで制作したきた機能の仕上げ、デバッグ作業、リファクタリングです。自分自身で機能チェック項目を設けたり、普通ではありえないような動作を起こしたりして、あえてエラーを起こさせるような方法を試したりしました。こういう地味な作業は好まない方は多いようですが、私は結構好きでした。

また最後の週に私のためにお疲れ会を開いていただきました。そこで上司や先輩から私にお話があることを前から聞かされていたので正直ビクビクしていました。そしてその予想は的中しており、上司からこのようなお話しをされました。

上司「ロートス君、うちの会社にインターンに来てくれてほんとにありがとう。」

ロ「え… あ、いえこちらこそありがとうございます。」

予想が外れました。また怒られて、君には絶望したよ。もう来なくていいよとか言われるもんだと思ってました。


先「最初の一週間は、なんだこいつ一発殴ってやろうかと思ってました(冗談ですけど」

先「宿題もやってこないで、報告もしないでな」

先「でも、一週間後には報・連・相が出来るようになっていてびっくりした」

上司「この一週間でプログラマーとしてようやく始まったって感じだね」

上司「この間の◯◯さんへの説明の仕方や自ら要望・意見を発言できるところまで成長してほんと素晴らしい」

ロ「ありがとうございます。」

上司「それとこれからのことなんだけども、ロートス君ってなんでも完璧に仕上げたいと思う気持ちあるでしょ?」

ロ「はい、そうですね。(バレてた…)」


上司「これから何か1つでもいいから、これだけは負けないというものを作って、尖ったエンジニアを目指して欲しいです。」




私は今まで浅く広く知識を身につけようとしていました。それがこのブログにも現れています。このアプリを作るためにはこんな事も勉強しなくてはいけないな、ああこっちも勉強しないととかなり焦って勉強していました。しかしそれは間違いではありませんが、エンジニアとしては生き残れません。もしやるのなら「広く、深く」、「狭く、深く」でなければ今後使い物にはならないと考えています。今、私自身がどの知識を深く掘って行けばいいのかわかっていません。それが私が社会に出るための大きな宿題だと思っています。



そして、お疲れ会終盤。私はみなさんにとある質問を問いかけました。

ロ「どうしてこんなに長時間仕事しているんですか?最初に10時から最低でも22時までと聞かされて驚きました。」

◯◯さん「気づいたらその時間になっていた。というのかな、仕事に没頭しているとそういう時無い?」

ロ「はい、ありますけど…」

◯◯さん「それと仕事が楽しいからやるただそれだけです。ちなみに今もそう思ってる?」

ロ「そうですね。最初の一週間はなんでこんなに仕事しているんだと思ってましたが、仕事が楽しくなって時間を忘れてしまうこともありました。」

◯◯さん「そうそう、そういうこと。」


この意見には正直納得していませんが、ここでは文句を書くのは控えさせていただきます。


◯◯さん「じゃあそろそろ、ロートス君のこのインターンを通しての感想と、今後の意気込みを話してもらおうか」

ロ「会社にきて初日からプロジェクトの一つを任されたりと、十何時間も働いたりして、一週間目はキツくてヘトヘトでした。けれども一ヶ月たった今は仕事が楽しいです。一ヶ月という短い期間でしたが、お世話になりました。それとこれからは大学での残された課題に全力で取り組み、4月にはこの会社に戻ってきます。どうぞまたよろしくお願いします。」

と、かなり省略させていただきましたが意気込みを言いました。
この一ヶ月間短くも感じましたが、ほんとに辛い毎日でした。しかしここで学んだ一ヶ月は一年分にも値するほどです。学生のうちにこんな貴重な体験を出来たことに嬉しく思っています。そして私はこの会社に人生を託そうと決心しました。


最終日


 最終日、私は一ヶ月間お世話になった部屋に感謝を込め、掃除や片づけをし終わった後、午後からですが会社に行き、少し仕事をしようと思いました。それも一ヶ月間作ってきた機能のリファクタリングがまだ終わってなかったからです。なんとか今まで学んだことを思い返して、ギリギリですが終わりました。そして帰り際に面談という目的で、お食事会に呼ばれました。


社「ロートス君はこれからどうする?」

ロ「え、はい。この会社で、4月から働かせていただきたいと思っています。」

社「おおお、先輩はどう?」

先「ロートス君は知識的にはまだまだ勉強することがたくさんあると思うけど、この会社でやっていけると思います。」

社「じゃあ正式に入社の手続きしないとね・・・」


ここで私の一年と三ヶ月間の就職活動に幕が下りました。
過去に就職活動についての記事を書いたりしましたが、あの時の自分はとてもナーバスで人間としても脆かったです。ただ、就職活動をしていくうちに、いろんな方からお話しを聞いたり、問いかけたり、自分が将来何をしたいのか、自分はなんなのかということがだんだんわかってきました。人間としてはまだ未成熟で、何事も勉強だと思いますがまだまだ若いのでいろんなことに挑戦していきたいです。



それと私は最終日に一つの約束をしました。
ロートス君はこのまま4月から働くとしても能力的にとても大変な部分があると思う。けれども学生のうちに今やらきゃいけないことがあるでしょ。その卒制を楽しんで全力で取り組んできてほしい。
それは今しかできないことだから後悔すること無くやり通してほしいと。




これでインターンについてのお話しは終わりです。会話文はまるっきり同じということではありませんが、私なりに思い出して書いたものです。なお、会社名など、どんなゲームを作ったなどの質問はお答えできかねますのでご了承ください。



11月6日記載

【補足】


この記事を多くの皆様に読んで頂き、とても感謝しております。お陰様で、現時点でブログへのアクセス数が投稿してから6万を越えておりました。また、様々なご意見も頂き勉強になりました。しかし、皆様からのご意見として「かわいそう」とのご指摘がありましたが、別に強要されて入社しようと思ったわけではないことをご理解頂きたいです。あくまでも私がこの一ヶ月間のインターンを経て決めたことです。また、一話目に記載されていますが、このインターンではお給料として、マンション代(10万円以上)と交通費代全額を出してもらっています。補足が遅れて申し訳ありませんでした。