LotosLabo

プログラミング技術とか気になった情報を載せていきます

Oculus Rift DK1 購入しました

Oculus買っちゃいました。



え、今更DK1!? 後2ヶ月も経たないうちにDK2出るよ!

ということなのですが、緊急で使用したかったので購入しました。




中身はこんなかんじになっていました。



ケースは結構しっかりとしている割には軽いです。
でも思っていたより大きかったですね。



早速試してみました!


Oculus Riftを装着


HDMI端子はパソコンにつなげてー と、USBも繋いでー よし後はコンセントを…


f:id:lo25131:20140521212100j:plain


あれ… うん。そうだ日本のコンセントに変えればいいんだ!!
ん? ない、無いぞ!!! コレしか無いぞ

海外のオークションで購入したので、日本用のコンセントプラグはついてこなかったようです…

ということでヨドバシカメラさんで日本用のプラグを購入してきました。


プラグを買わなくても他のACアダプタでも代用できるので、そちらでも構いません。


Oculus Riftの世界へ


Oculus RiftエヴァンジェリストGOROman(ごろまん)先生「Mikulus」をやらせていただきました。

こちらはOculus Rift初音ミクさんをひたすら眺めることができるコンテンツということです。


f:id:lo25131:20140521213307j:plain

素晴らしかったです。
ひたすら下から覗いてました。



次は、酔うことで有名なコンテンツを体験してみます。

Rift Coaster

こちらはOculus Riftでジェットコースターを体験できるそうなので、ジェットコースター嫌いの私が体験したらどうなるのかな?と思い、ビクビクしながらやってみました。


f:id:lo25131:20140521214330j:plain


「一周目」

あれ、コレ以外と楽勝!
みんなビビりすぎじゃね、案外酔わないんだけど



「二周目」

やっべぇコレ楽しいわぁ
頭の方向わざとずらして強制的に前を観るの楽しいわぁ


「三周目」

ちょっと飽きてきたかなぁ
次で終わりにしよう!!


「四周目」

あれ、まさかこの俺が酔うだと…
車乗って3秒で酔った経験や、マインクラフトやって酔った経験がある
俺が酔うだと…



結論

動きが激しいものは長時間プレイされることを避けましょう。



Oculus Riftはソフトによっては動きの激しいものがあったりするので、
VR酔いしやすい方は長時間のプレイを避ける事をおすすめします。



HDMIポートがない方用


せっかくOculusを買ったのに、実はPCにHDMIポートがなかった方

という方におすすめの商品をご紹介いたします。
私の自宅にあるパソコンには付いているのですが、持ち運び用のノートパソコン(Mac Book Air)には
HDMIポートがついていません。

そういうことなので、ヨドバシカメラさんで買って来ました。

f:id:lo25131:20140521220028j:plain

USB HDMI DISPLAY ADAPTER というj5createさんで作られている、
USBからHDMIに変換する優れ物です。


とても小柄なボディにしてはテレビにもモニターにもHDMIケーブル1つで映し出すことが可能です。

そしてまたOculus Riftもこれで接続できちゃうのです。



インストールは簡単です。
CDを入れ、ドライバをインストール!
後はUSBを差し込んで、HDMIケーブルを接続して終わりです。
WindowsにもMacにも対応しているので、もしUnity等で開発する際にも便利ですね。


j5 create USB 2.0 HDMI DISPLAY ADAPTER JUA250

j5 create USB 2.0 HDMI DISPLAY ADAPTER JUA250