LotosLabo

プログラミング技術とか気になった情報を載せていきます

Ruby on Rails 4.0について1

Ruby言語で書かれたアプリケーションフレームワークを導入したいと思います。

Ruby on Railsで何ができるかというと、
Webアプリケーションを簡単に作れちゃうツールということです。

導入手順

Rubyのインストール

http://rubyinstaller.org/downloads/


この中の、Ruby 1.9.3-p484をインストールしてください。


f:id:lo25131:20140220142716j:plain


最新版のRuby 2.0.0-p353でもいいのですが、公式ではRuby 1.9が推奨されており、
一回2.0でも試してみたのですが、次にやるRailsがインストール出来なかったので1.9.3を使います。

.exeファイルを開き、手順に沿ってインストールしていきます。
なお、途中で環境変数の設定を自動でするという項目が出てきますので、
自分で入力するのが面倒な方はこちらでチェックすると自動で反映されます。

Ruby development kitのインストール


こちらも先ほどのサイトからインストールできます。


f:id:lo25131:20140220143200j:plain


For use with Ruby 1.8.7 and 1.9.3:
というのを選んでインストールします。

.exeファイルを開くと、解凍するぞ! 的な画面が現れるので、C直下に
devkit」というファイルを作成します。(ファイル名はなんでもいいです。)
解凍先にdevkitを選択して解凍をします。


バージョン情報の調べ方


Rubyのバージョンの調べ方やプロジェクトの作成には主にcmdコマンドプロンプト)を使っていきます。
なお、扱う際には必ず管理者として起動してください。


Rubyのバージョンを調べる

ruby -v  

というコマンドを打つと、バージョン情報が出てきます。
うまくインストールされていない場合には表示されません。

gemのバージョンを調べる

railsを使う際にgemというのも使っていきます。
これが最新バージョンになっていないとインストールが上手く行きません。

gem -v

こちらも同じように - v と書いていきます。

railsのバージョンを調べる

rails -v

こちらは最初はバージョン情報が表示されないと思いますので、次にやっていきます。


最終的な画面はこのような感じになります。

f:id:lo25131:20140220144422j:plain


gemのバージョンをアップデートする


現段階ではgemのバージョンは 1.8.28とかだと思うのでこれを最新版にアップデートします。

gem update --system

と入力し、うまくいけば
バージョンが最新バージョンになってると思います。
私の場合は 2.2.2になりました。

devkitのインストール


先ほど解凍したディレクトリにコマンドプロンプトで移動します。
移動したら、下記のコマンドを入力します。

まずは初期化します。

ruby dk.rb init


次にdevktiをインストールします。

ruby rk.rb install

特に何もエラーが出なければ成功です。

railsのインストール

gem install rails と打てばいいのですが、
このままではエラーが出るおそれがあるので、

gem install rdoc


を入力します。ここでドキュメントをインストールします。

次に
gem install railsとやればいいのですが、これもたぶんエラーが出ると思うので、
バージョンを指定してインストールします。


gem install rails --version=4.0.0


今回は4.0をインストールするのでこのバージョンを指定します。
うまく行けば%表示される項目が現れ、処理が進んでいきます。

※ここの処理はかなりの時間がかかりますので、しばらくお待ちください。
大体30分くらいかかります。

インストールが完了すればセットアップは終了です。