LotosLabo

プログラミング技術とか気になった情報を載せていきます

PHP言語について2

strtolower()関数

大文字を小文字に変更

strtoupper()関数

小文字を大文字に変更


例:

<?php
print strtolower('Beef, CHICKEN, Pork, duCK');
print strtoupper('Beef, CHICKEN, Pork, duCK');
?>


出力

beef, chicken, pork, duckBEEF, CHICKEN, PORK, DUCK




ucwords()関数

文字列の最初の文字を大文字にする


例:

<?php
print ucwords('john michel');
?>


出力

John Michel


substr()関数

文字列を切り取る

subster (文字列, 取出し位置、文字列の数)


例:

<?php
 $x = substr("Homepage", 4, 4);
print $x;
?>


出力

page


str_replace()関数

引数に含まれる文字列を指定した文字列に置き換える

str_replace (検索文字, 置換後の文字列, 元の文字列)


例:

$replace =  "ホームページ作り";
$scriptphp = "PHP入門";
$beginner = "初心者のためのホームページ作り"; 
$word = str_replace($replace, $scriptphp, $beginner);
print($word);


出力

初心者のためのPHP


abs()関数


引数で指定した数値を絶対値で返す

abs (数値または変数);


例:

<?php
 $a = abs(-200);
   print $a;
?>


出力

200

strcmp()関数

strcmp(比較する文字列1,比較する文字列2)


例:

<?php
$data= "ABCD";
echo strcmp($data,"abcd");
?>


出力


文字列1が文字列2より小さい場合は負の数
大きい場合は正の数
等しい場合は0を返す



文字列の扱い

文字列は print 'I would like a bowl of soup.'; ’で囲む


例:

$userという変数が Billという値を持っていれば

'Hi $user'は 「 Hi $user」となるが
"Hi $user" は 「 HI Bill」になる



文字列と関数を組み合わせる

<?php
$str = strlen("webforbeginner");
print("文字列の長さは" .$str. "です");
?>


. を使い組み合わせる


ヒアドキュメント


<<<と区切りの単語で始める<<

print <<<HTMLBLOCK
<html>
<head><title>Menu</title></head>
<body bgcolor="#fffed9">
<h1>Dinner</h1>
<ul>
 <li> Beef
 <li> Sauteed
 <li> Soy
</ul>
</body>
</html>
HTMLBLOCK


出力

Dinner

Beef
Sauteed
Soy
HTMLBLOCK

ヒアドキュメントで囲った文は表示はされないがソースコードには表示される

算術演算子

print 2 + 2;
print 17 - 2.4;
print 10/3;
print 5*9;



代入演算子

$price = $price + 3;

$price += 3;



文字列結合


$username = 'james';
$domain = '@example.com';

$username = $username . $domain;
$username .= $domain;

. コンマで結合できる



増分と減分


$birthday = $birthday + 1;

    1. $birthday;


$birthday = $birthday - 1;

    • $birthday;

条件文

if文

if(条件){

処理
} else {
処理

if (条件){
処理
}elseif(条件){
処理
}elseif(条件){




等価演算子


$変数 == 10



比較演算子

$age > 15
$age >= 15




否定演算子

! =



論理演算子

($age = 1) && ($age = 2)

($age = 1) || ($age = 2)




while文


while(条件文){
処理



例:

<?php
$i = 1;
print '<select name = "people">';      
while($i <=12){
	print "<option>$i</option>\n";
	$i++;
}
print '</select>';
?>

for文

for ($i = 1; $i<=10; $i++){
処理
}


例:

<?php
print '<select name = "people">';
for ($i = 1; $i <=10; $i++){
	print "<option>$i</option>";
}
print '</select>';
?>



switch文


switch (式) {
case 値1:
式の値が値1のときの処理
break;
case 値2:
式の値が値2のときの処理
break;
・・・
default:
式の値がcaseのどの値でもないときの処理
}


例:

<?php
  echo "今日のラッキーアイテムは";
  $r = rand(1, 4);
  switch ($r) {
  case 1:
    echo "黄色いハンカチ";
    break;
  case 2:
    echo "青いネクタイ";
    break;
  case 3:
    echo "赤い帽子";
    break;
  case 4:
    echo "白い靴";
    break;
  }
  echo "です。";
?>


出力

今日のラッキーアイテムは黄色いハンカチです