LotosLabo

プログラミング技術とか気になった情報を載せていきます

Ruby言語について11

ハッシュ(Hash)クラス

ハッシュからキーと値を取り除く

Hashオブジェクト.delete(key)

引数:
key 削除したい値に対応するキー

戻り値:
取り除かれた値。キーが存在しなかった場合はnil


例:

h = {"suzuki" => 87, "itou" => 76, "yamada" => 69}
h.delete("itou")


キーと値毎に判定を行い該当するキーと値を取り除く


Hashオブジェクト.delete_if {|key, value| ... }


例:

h = {"suzuki" => 87, "itou" => 76, "yamada" => 69}

h.delete_if {|key, value|
  value < 80
}



複製されたハッシュオブジェクトからキーと値を取り除く

Hashオブジェクト.reject {|key, value| ... }


例:

h = {"suzuki" => 87, "itou" => 76, "yamada" => 69}

newHash = h.delete_if {|key, value|
  value < 80
}


配列からハッシュを作成する


Hash[key,value,...]


例:

h = Hash["suzuki", 87, "itou", 76, "yamada", 69]


ハッシュを空の状態にする


Hashオブジェクト.clear


例:

h = {"suzuki" => 87, "itou" => 76, "yamada" => 69}
h.clear