LotosLabo

プログラミング技術とか気になった情報を載せていきます

Linux基本コマンド1

Linux CentOSでのコマンドをまとめたメモです。

登場するコマンド一覧
・ls
・cp
・mv
・rm
・cd
・mkdir
・touch
・rmdir
・cat
・more
・less
・find
・which
・help
・man

ファイル操作コマンド

ファイルのディレクトリを参照する

ls [オプション] [ファイル・ディレクトリ]

・ls -a
( .で始まる隠しファイル等も全て出力)
・ls -l
(長形式で出力)
・ls -t
(最終更新時間でソート)
・ls -r
(逆順にソート)


例:

・ls /etc/
(etcファイル内を参照)

・ls *.conf
ワイルドカードを使用し、.conf(ドライブ名)を表示)

・ls ???.conf
(???x3に当てはまる3つの単語のファイルを表示)

・ls hosts.*
ワイルドカードを使用し、頭文字を表示)

・ls hosts.????w
(4文字+最後の文字がwであるファイルを表示)

ファイルをコピーする

cp [オプション] コピー元 コピー先


・cp -i file1
(処理を行うときに確認を入れてコピーをする)
・cp -r file1
(ディレクトリ自体のコピーも可能にする)
・cp -p file1
(元のファイルと更新日などを同じにして作成)


例:

cp file1 file2

・cp file1(ファイル) file2(ファイル架空)
file1(ファイル)を架空のfile2(ファイル)としてリネームしてコピー

・cp file1(ファイル) file2(ディレクトリ既存)
file1(ファイル)を既存のfile2(ディレクトリ)にコピー

・cp file1(ファイル) file2(ファイル既存)
file1(ファイル)を既存のfile2(ファイル)に上書き保存

ファイルを移動する

mv 移動ファイル 移動先ファイル

・mv -i
(確認入れて移動する)
・mv -f
(強制的に実行する)


例:

mv file1 file2

・mv file1(既存ファイル) file2(既存ディレクトリ)
file1(ファイル)がfile2(ディレクトリ)の中に格納される

・mv file1(既存ディレクトリ) file2(既存ディレクトリ)
file1(ディレクトリ)がfile2(ディレクトリ)に格納される

・mv file1(既存ファイル) file2(架空のファイル)
file1(ファイル)がfile2(ファイル)にリネームされる

・mv file1(既存ディレクトリ) file2(架空のディレクトリ)
file1(ディレクトリ)がfile2(ディレクトリ)にリネームされる


ファイルを削除する

rm ファイル名

・rm -i
(確認を入れて削除)
・rm -f
(強制的に実行)
・rm -r
(ディレクトリを対象に)


例:

rm file1

・rm file1(既存ファイル)
file1(ファイル)を削除

rm -r file1

・rm -r file1(既存ディレクトリ)
file1(ディレクトリ)を削除

ディレクトリ操作コマンド

現在のディレクトリの表示

pwd


例:pwd

(出力結果)
/home/src/

ディレクトリの移動

cd [ディレクトリ名]

例:

cd /usr/

usrに移動する

ディレクトリの作成

mkdir [ディレクトリ名]

例:

・mkdir file1 file2 file3
(file1とfile2とfile3を個別に作成)

mkdir dir1
mkdir dir1/dir2
mkdir dir1/dir2/dir3
(file1の下にfile2、file2の下にfile3と階層順に作成)

・mkdir -p dir1/dir2/dir3
(分けなくても作成できる)

他のディレクトリへアクセスして作成

touch [ディレクトリ名]

例:

・touch etc/file1
(etcディレクトリ内にfile1を作成)

ディレクトリの削除

rmdir [ディレクトリ名]

例:

・rmdir file1
(file1を削除)

・rmdir -p file1
(file1の中にファイルがあったときでも削除可能

ファイルの内容表示コマンド

ファイルの内容を表示

cat [ファイル名]

・cat file1
(file1の内容を表示)
・cat -n file1
(file1の内容を番号を付けて表示)

ページャを使って内容を表示

more [ファイル名]

・more file1
(file1の内容をページャを使って表示)
・less file1
(file1の内容をページャを使って表示)

(ページャコマンド)

スペースキー 次のページへ
b      前の画面へ
f      次の画面へ
q      ページャを終了

ファイル検索コマンド

find パス -name [ファイル名]

find /home/ -name file1
(homeにあるfile1はどこにあるのか?)

コマンドのパスを表示

which [コマンド名]

・echo $PATH
(ユーザーが参照できるパスを確認)
・which cat
(/bin配下に配置されているのがわかる)

ヘルプの表示

[コマンド名] --help

ls --help
(ヘルプの表示)

マニュアルの表示

man [コマンド名]

man ls、 man cp