LotosLabo

プログラミング技術とか気になった情報を載せていきます

Leapmotion Windows環境 Visualstadioで実行してみた

こちらのNatural Software様のサイトより参考にさせていただきました

http://www.naturalsoftware.jp/blog/8364

しかし、途中まではうまく行ったのですが途中からエラーが出てしまったので私の方でも手順をご紹介いたします。

Windows環境】

(私の環境)

Microsoft Visual Stadio 2012

Windows 7

 

 ====

  • 開発ツールをダウンロードします

 

https://www.leapmotion.com/developers

 

 

 

ダウンロードの際にLeapmotionのIDとPassが必要になるかもしれませんので用意しておいてください

 

(ダウンロードファイル)

ーーーーーーーーーーーーーー

Examples

LeapSDK

ーーーーーーーーーーーーーー

Leap motionをインストールしたファイルに入れる

私の環境では

C:\Program Files (x86)\Leap Motion  にありました

 

新しいプロジェクトより、Visual C++を選択 

Win32コンソールアプリケーションを選択

右にある ソリューションのディレクトリを作成という

チェックボックスにチェックマークを入れる

 

ここでOKボタンを押す

追加のオプションでは空のオブジェクトにチェックを付ける

 

 

  • プロジェクトの設定をします

先ほどダウンロードした LeapSDKファイルのSampleフォルダにSample.cppファイルがあることを確認 

※VisualStudioの画面上のプロジェクトファイルの中に直接ドラッグドロップする

 

  • プロジェクトのプロパティ設定

プロジェクトを右クリックし、プロパティを開く

構成プロパティの C/C++を選択

追加のインクルードディレクトリにLeapSDKのパスを入力

 

私の環境では

C:\Program Files (x86)\Leap Motion\LeapSDK\include

※直接入力しないで右の下矢印をクリックして編集からフォルダを指定してください

 

C:\Program Files %28~

という形になる

リンカーをクリックしてライブラリを選択

(私の環境)

C:\Program Files (x86)\Leap Motion\LeapSDK\lib

先ほどと同じように参照して設定

 

リンカーの「入力」のところに

追加の依存ファイル

leapd.lib

と右矢印をクリックしてから入力

leapd.lib%(Additional~)

と表示されます

 

 

 

※Leapd.dllがないためプログラムを開始できませんというエラーがでた時

先ほどの追加のライブラリディレクトリを

C:\Program Files (x86)\Leap Motion\LeapSDK\lib

ではなく

C:\Program Files (x86)\Leap Motion\LeapSDK\lib\x86

こう変更

次にLeapd.dllを入れる

 Leapd.dllはここらへんにあります↓

C:\Program Files (x86)\Leap Motion\LeapSDK\lib\x86

 それをこちらに入れる↓

C:\Users\Lotos\Documents\Visual Studio 2012\Projects\LeapSample\LeapSample

私の環境下では

 

実行!

 

Initialized

とか出れば成功です!!!

またLeapをつなぐと

Fram id: 100~~~~~~~~

とか表示されます